酉松会(ゆうしょうかい)とは、
一橋大学サッカー部の活動を支援するOBの団体で
OB・現役有志の寄稿による「酉松会新聞」の発行、
OB戦やフットサルの開催など様々な活動を行い、
当ウエブサイトで公開しています。

伝統の東大戦、0:1で惜敗

5月6日(日)春季リーグの第2節、東大戦を観戦。東大御殿下グラウンドを訪れるのは現役時代以来。人工芝になって40年以上も前の面影はない。30度近い暑さの中、正午キックオフ。第1節の東京理科大を3:0で破り勢いに乗りたいところだが、両者の力はほぼ互角。一進一退の攻防が続く。前半の終了間際、不用意に与えたコーナーキックから残念な失点。後半は幾度もFK、CKのチャンスがあったが、東大の堅い守備に阻まれ得点できず、惜しくも敗れた。全体的に一橋の攻撃は単調だった。相手DFの裏にロングボールを蹴り、クリアを奪って攻めるというだけでは、なかなか得点できない。もっとワンタッチ、ツータッチのパスで相手を崩す攻撃も織り交ぜないといけない。その連携が、まだまだ。現役諸君の奮起を望む。

★ハイライト動画

DSC_0030 DSC_0026
DSC_0020 DSC_0014
DSC_0022 DSC_0027
DSC_0032 DSC_0033

酉松会の幹事である同期の安部裕二くん(昭52卒)を、山根くんの協力を得て、観戦に連れ出した。進行性核上性麻痺という難病を患い、現在も懸命に闘病中。現役の敗戦は残念だったが、いい気晴らしにはなったと思う。現役諸君へのエールと共に、彼へのエールも皆さんにお願いしたい。

IMG_0331 IMG_0332
IMG_0335 IMG_0334

福本 浩(昭52卒)記

この記事へのコメントはこちらのフォームからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>