酉松会(ゆうしょうかい)とは、
一橋大学サッカー部の活動を支援するOBの団体で
OB・現役有志の寄稿による「酉松会新聞」の発行、
OB戦やフットサルの開催など様々な活動を行い、
当ウエブサイトで公開しています。

山形遠征2017

2017年6月6日  トピックス   コメントを書く

6月3日(土)山形市球技場にて山形大OB、早慶大OB、地元の女子クラブ
「べにばな」の3チームと、我々一橋大OBとの交流試合が行われました。
状態のいい人工芝、暑くもなく寒くもない絶好の天気、そして、初めての
若い女子チームとの試合ということで、おじさん、おじいさんたちは
終始ニコニコ。しかし甘かった。一番強かった。0:1で負けました。
vs山形大は1:1、vs早慶大とは0:0で仲良く痛み分け。
楽しく気持ちのいい試合でした。

DSC_0234DSC_0251DSC_0270
DSC_0243DSC_0240DSC_0237
DSC_0256DSC_0264DSC_0279
DSC_0281DSC_0291DSC_0299
DSC_0310DSC_0316DSC_0317
DSC_0318DSC_0327DSC_0331

試合後は蔵王温泉で疲れを癒しました。夜の宴には今回の幹事役・
橋詰さん(昭56卒)の長年の友人である地元の名士・長瀬洋男さんが、
美味しい地酒をふるまってくれて大いに盛り上がりました。
翌日は御釜や山寺を観光。気温9度という寒さに震えましたが、
長く記憶に残る2日間でした。
今回の参加者は15名。現役時代に女子マネを務めてくれた高橋真理子
さん(通称マリンコ)と橋詰夫人も応援に駆けつけてくれました。
来年は、ぜひ皆さんもご参加下さい。

宿泊先:堺屋森のホテルヴァルトベルク
http://www.waldberg-zao.com/

DSC_0333DSC_0334DSC_0335
DSC_0336DSC_0337DSC_0338
DSC_0339P10108222P10108412 (1)

続・砂漠化する小平グラウンド

2017年3月3日  トピックス   コメントを書く

酉松会新聞に同期の山根さんが「砂漠化する小平グラウンド」を寄稿して
いますが、現役諸君が置かれている現状を多くの方に理解してもらうため、
2月初めに撮影した彼らの練習風景の写真を下記に掲載します。
小平グラウンドの人工芝化を真剣に考えて頂く一助になればと願っています。
(写真をクリックすると大きくなります。
 見た後は、写真右下の✖️をクリックすれば元に戻ります)

DSC_0075DSC_0032DSC_0052
DSC_0086DSC_0058DSC_0084

年々砂漠化、荒廃化する小平グラウンド。防砂・防塵対策にゴザとビニール
袋が必須。リーグ戦の試合はすべて他校の人工芝グラウンドで行われるため、
練習も小平グラウンドを使うのは週に1回程度。ほとんどの練習は府中市に
ある人工芝のグラウンドを借りて行われます。2時間で3,200円。
現在の部員は約60名ですが、ボールが慢性的に足りず、小平での練習は、
2部制です。4月に新入生が入ってくれば、さらに大変になります。

DSC_0088DSC_0090DSC_0107
DSC_0038 (1)DSC_0042 (1)DSC_0036

部室は相変わらず狭く、汚い。2階には女子マネたちの部屋もありました。
自分たちの手で床をリフォームしたそうです。女子マネは現在8名で、
全員が一橋大学生。これも我々の時代とは隔世の感があります。

DSC_0101DSC_0094DSC_0096
DSC_0099DSC_0109DSC_0110
DSC_0111DSC_0113DSC_0115
DSC_0105DSC_0106DSC_0103

府中市にある人工芝の「郷土の森グラウンド」を借りて練習。
アクセスは国立から自転車で30分ほど。最寄り駅の府中本町から徒歩15分。
小平グラウンドより、はるかに気持ち良さそうにプレイしていました。

DSC_0222DSC_0011 (1)DSC_0007
DSC_0035DSC_0030DSC_0043
DSC_0096DSC_0074DSC_0184

問題は、ボール・やかん・マーカーなどの備品を毎回、小平の部室か部員たち
の自宅へ持ち帰らなければならないこと。ホームでの試合はおろか、練習さえ
も満足にできない「ジプシーチーム」の悲哀です。

DSC_0226DSC_0225DSC_0230
DSC_0232DSC_0234DSC_0236
DSC_0238DSC_0258DSC_0251

福本 浩(昭52卒)編集長 記

酉松会新聞・第10号 発刊!

2017年3月2日  トピックス   コメントを書く

酉松会新聞・第10号が完成しました。
今年の投稿者は次の方々です。ご協力ありがとうございました。

巻頭挨拶
 緒方 徹 (昭49卒 会長):「懈怠比丘不期明日」

小平G人工芝化への期待
 山根 言一 (昭52卒):砂漠化する小平グラウンド
 大口 柾文 (4年GM):学生側からの想い

リーグ戦を観戦して
 志摩 憲一(昭31卒):1部昇格と新たな挑戦

戦いを終えて
 中野 圭祐 (4年 主将):存在意義を考え続けて
 大口 柾文 (4年 GM):自分を知ること
 甘利 知己 (4年 メンタル):目標の、その先
 池田 修 (4年 会計):ア式と過ごした4年間
 梶谷 卓矢 (4年 広報):振り返って
 栗木 春綱 (4年 広報):長いとも短いとも言える、4年間でした
 近藤 直輝 (4年 OB):引退して
 手島 拳之介(4年 イベント):ライフスキル〈楽しむ〉と〈考える〉
 野際 大樹 (4年 用具施設):戦いを終えて今思うこと 
 普勝 悠暉 (4年 イベント):人生の転機 
 松井 基宏 (4年 新歓):ア式のありがたさ
 森本 志朗 (4年 メンタル):自分と向き合った4年間
 寺田 香穂 (4年 MG):感謝
 山崎 光 (4年 MG):集大成

平成 29 年度シーズンに向けて
 赤星 真一 (平4卒 監督):関東リーグへの挑戦 〜本編 第1章
 吉田 圭吾 (3年 新GM):今シーズンの抱負

海外便り
 角井 朋之 (平11卒):平穏・快適なクアラルンプール生活
 諸石 央 (平12卒):シンガポールのTeam OB
            
私の学生LIFE・今昔
 神代 祥夫 (昭29卒):思い出あれこれ
 橋本 昭一 (昭31卒):小平の想い出
 山田 充夫 (昭40卒):私のサッカー部生活
 小林 治 (昭53卒):学生時代の思い出
 田中 耕太郎 (昭53卒):公務員さんは呼べんじゃろう
 五味 正秀 (昭55卒):1978年の夏の日、小平グラウンドで
 大口 柾文 (4年 GM):飲み会2016 
 普勝 悠暉 (4年 イベント):私が選ぶア式グルメBEST5
 松井 基宏 (4年 新歓):甘利燃ゆ 
 寺田 香穂 (3年 MG):三商戦の思い出

追悼 外岡先輩に捧ぐ
 山崎 彰人 (昭49卒): “外岡先生” の胴上げに涙
 木村 武志 (昭52卒):夫婦を繋いだ “仲人さま” 
 五味 正秀 (昭55卒):粋な “親戚のおじさん” へ
 佐藤 博子 (昭54卒):外岡さんとの出会いが人生の起点

編集後記
 福本 浩 (昭52卒 編集長):10年目を迎えて

突然の訃報

2016年12月18日  訃報   コメントを書く

昭和39年卒の石綿浩之先輩が急逝されました。
12月4日の祝勝会にお元気のご様子で参加されていましたけれども、
帰宅途中に事故にあわれ、翌日逝去されたとのことです。
石綿先輩は、一橋大学ア式蹴球部の創設者の一人、
松本正雄大先輩の女婿でいらっしゃいます。
心から哀悼の意を表します。

盛会に終わった祝勝会

2016年12月15日  トピックス   コメントを書く

image1

12月4日午後5時半より日本橋茅場町の鉄鋼会館で、
現役チームの36年ぶりの東京都1部昇格を祝う会が催された。
44名のOBが駆けつけ、現役の選手諸君と喜びの酒を酌み交わした。
その際、現役の方から詳細なデータをもとに今年度のチーム力を
分析した結果が発表されたので、その一部を掲載する。
いやはや昭和世代の0Bは隔世の感を禁じ得ない。

%e5%be%97%e7%82%b9%e5%88%86%e5%b8%83%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%8a%9b1 %e5%be%97%e7%82%b9%e5%88%86%e5%b8%83%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%8a%9b2
%e5%be%97%e7%82%b9%e5%88%86%e5%b8%83%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%8a%9b3 %e5%be%97%e7%82%b9%e5%88%86%e5%b8%83%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%8a%9b4

1部昇格を決めた対武蔵大学戦のダイジェストが YouTube にアップされ、
下記のアドレスから見ることができる。これも驚きである。
この試合を観戦したOBは100名を越えたという。
また人工芝のグラウンドにも注目されたい。
https://m.youtube.com/watch?v=TH_qfKUR_Sg

来年度は東京都1部で戦うわけだが、対戦相手は次の9チームである。

明治学院 東京経済 立教 山梨学院 大東文化 国学院 帝京 成蹊 武蔵

いずれも強豪だ。まずは残留、そして、関東リーグの2部昇格へ。
OBの方々には、ぜひグラウンドに足を運び、これまで以上の
ご支援をお願いしたい。もう1点、東京都1部でも
人工芝のグラウンドを持っていないのは一橋大学だけだそうだ。
この問題に関しても真剣に考えていただきたいと思う。

酉松会新聞編集長 福本 浩(昭52卒)記